HOME > 離婚相談事例 > 離婚とお金

離婚とお金

≪ 前のページに戻る

外に女性を作ったような人とはもう一緒に暮らせない。

 ABはふつうの夫婦、子ども2人も大きくなってそろそろ夫婦の時間を大事にしたいと思っていたところ、夫Bが浮気して、家を出てしまった。Aは弁護士に相談。

■弁護士の判断~Bは有責配偶者なので、Bから離婚を求めても、裁判したってBは勝てない、そのまま離婚しないと強硬な姿勢を取るのも一つの方法、条件面で有利に持って行き、離婚するのも一つの方法。ABの財産としてA名義の自宅、Aの300万円の定期預金。

■Aの希望~外に女性を作ったような人とはもう一緒に暮らせない。離婚してもらうものをもらいたい。

■結果~Aから離婚調停を起こし、別途地裁で不貞相手に慰謝料請求の訴訟を提起した。話し合いの結果、Bが住宅ローンをそのまま払い、Aが住宅の所有権をもらう。定期預金300万円を解決金としてAがもらう内容で和解した。

■ポイント~Aへの所有権移転登記の登録免許税が高くついてしまうので(財産分与を原因とする登記は登録免許税が高い。)、Bに折半してもらった。

≪ 前のページに戻る