HOME > 離婚Q&A > 離婚と子供

離婚と子供

≪ 前のページに戻る

親権者の指定の判断基準はどのようなものですか。

家裁で親権者の指定(子の監護者の指定)を行うには、以下のような基準で裁判所は判断します。いずれにしても、親の都合でなく、子の福祉にそうかにより判断されます。

Ⅰ 監護の継続性 現に子を養育している者から親権者を変更すると、子の心理的な負担になることから優先されます。

Ⅱ 母性優先 乳幼児については母が優先します。

Ⅲ 子の意思の尊重 15歳以上の子については、その親権に対する陳述を聞かなければなりませんが、それだけでなく、子の意思を優先するため、調査官面接などで、子の意思を確認します。

Ⅳ 兄弟姉妹の分離 可能な限り、兄弟姉妹が関係を絶つことがないよう考慮されます。

Ⅴ 離婚に際しての有責性 離婚についての責任は、子の福祉に関係ない限り考慮されません。

≪ 前のページに戻る